2008/02/02

野球はキャンプイン

プロ野球は2月1日に全チーム揃ってキャンプインですね〜 昔ほど野球を見る機会は減りましたが、スポーツニュースは結構チェックしているので、そこそこ詳しいつもり

ゴルフでは石川遼君がプロになったわけですが、野球界のルーキーでは、10年に1度の逸材であろう中田翔選手に注目です 強打者としては清原和博を越えることは間違いないと確信しております 恐らく開幕一軍、いきなりの4番もあり得ます

野球はキャンプインの続き
2008/01/25

石川遼プロ争奪戦、ヨネックスと総合契約奪へ

ゴルフ業界が大注目されていた石川遼プロの契約先はなんとヨネックスが!しかも総合契約でクラブなどの用具はもちろん、ウェア、シューズも含む、複数年の大型契約となった

今月10日のプロ転向以来、スポンサー契約や用品契約の動向が噂されていた石川遼が、まずはクラブの使用契約を結んだ。石川が選んだメーカーは「ヨネックス」。契約内容はドライバーを含むゴルフクラブ11本以上の使用、ウェア全般、シューズ、グローブ、キャディバッグ、そして石川のトレードマークとなったサンバイザーなど。サングラス、ボール、ウェッジ、パター以外の用具総合使用契約となる。
石川遼プロ争奪戦、ヨネックスと総合契約奪への続き
2008/01/23

チャンナがブリジストンと契約

昨年大活躍だったチャンナ選手、ゴルフ後進国である中国人ゴルファーながらパイオニア的役割を大いに果たしました 昨年まではイオンスポーツという兵庫県三木市の地ゴルフメーカーと契約していたのですが、活躍が認められて今年からブリヂストンスポーツと契約となったようです

続きを読む
2008/01/19

ゴルフウェア規制論争、迷彩柄禁止へ

本日の読売新聞夕刊一面にゴルフウェア規制論争と題し、ハニカミ王子の迷彩柄「禁止」と踊っていた 今更何故...?記事には、男子ツアーを運営する日本ゴルフツアー機構(JGTO)が「迷彩柄とポケットの膨らんだ作業着タイプのズボンの着用は禁止」と規定に追加されていることが書かれていた 女子の「へそだし」も規制の対象になっているとか...

なんとも馬鹿馬鹿しい話、これを見て違和感というか不快感を感じる人はいないのだろうか 色々と苦情が相次いでの規制となったわけだが、紳士って一体なんなんでしょう 私には流行についていけない老人達の若さへのやっかみ、嫉妬、羨望といった類のものにしか感じられません

本当、私少し怒ってます どうしてそこまで画一的にならなければいけないのでしょう、私からすればおじ様達が着ているヨボヨボのポロシャツの方がよっぽど不愉快です 2タックも3タックも入ったダボダボのズボンなんて見てられません...

ゴルフウェア規制論争、迷彩柄禁止への続き
2008/01/10

石川遼君、今日にもプロ転向を宣言か!?

男子プロゴルフ界の金の卵である石川遼アマ、私が予想していたよりも早くプロ宣言が1月10日にされそうです まぁ今年中にはするだろうと思っていましたね、ところでシード権って保持していることになるのでしょうか?持っているなら高校生ですが、出来るだけ出場して欲しいですねぇ〜楽しみ

他にも男子ゴルフに疎い私でも知っているという、小鯛竜也君もプロ宣言したみたいです 知らない人は注目してもありかも、イケ面且つ実力は確かです

石川遼君、今日にもプロ転向を宣言か!?の続き
2008/01/02

2008年もよろしく!

明けましておめでとうございます!大晦日は三崎和雄VS秋山成勲戦に酔いしれました あのスカ勝ちは久しぶりにアドレナリン爆発って感じでした!昨年の反則から、もう1年経ったんだなぁ〜と

昨年は後半ブログの更新頻度が極端に落ちましたが、まぁまったりと書きたい時に書く位で、肩に力入れない程度にいきます とりあえず今年も続けますので、よろしくお願いします☆

2007/12/26

2007年国内女子ゴルフを振り返る

そう言えば2007年、今年の女子ゴルフ界を振り返ってなかったなぁ〜と思い記事にしてみます 2007年賞金女王予想の記事と合わせて見てもらえれば幸いです

自分で読み返して、当っていることもあり、カスっていたり、全然外れていたり...まぁ全体に良い線いってたんじゃない!っと思っております 諸見里しのぶプロを本命にしてたんですが、ワールドカップでの惨敗が最後まで尾を引いたんでしょうか...対照的に上田桃子プロはバネにした感じ

今年はその上田桃子プロが三つ巴を制して賞金女王になりましたが、独走状態のジョンミジョンをよく捕らえたと思います 国内メジャーでは勝てませんでしたが、アメリカツアーの公式戦であるミズノクラシックに勝てたことは相当の自信となったでしょうし、今後のステップを考えても価値ある勝利でしたね

2007年国内女子ゴルフを振り返るの続き
2007/12/13

2008年の国内女子ツアースケジュール決定

 3月 7〜 9日 沖縄・琉球GC
ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント
 3月14〜16日 宮崎・青島GC
アコーディア・ゴルフ レディス
 3月21〜23日 高知・土佐CC
ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ
 3月28〜30日 オーストラリア・レークランドGC
JLPGA AUSTRALIAN OPEN(仮称)
 4月 4〜 6日 静岡・葛城GC山名コース
ヤマハレディスオープン葛城
 4月11〜13日 兵庫・花屋敷GCよかわコース
スタジオアリス女子オープン
 4月18〜20日 熊本・熊本空港CC
ライフカードレディスゴルフトーナメント
 4月25〜27日 静岡・川奈ホテルGC富士コース
フジサンケイレディスクラシック
 5月 2〜 4日 千葉・京葉CC
クリスタルガイザーレディスゴルフトーナメント
 5月 8〜11日 東京・東京よみうりCC
ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ
 5月16〜18日 福岡・福岡センチュリーGC
ヴァーナルレディース
 5月23〜25日 愛知・中京GC石野コース
中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン
 5月30〜6月 1日 千葉・千葉廣済堂CC
廣済堂レディスゴルフカップ
 6月 6〜 8日 滋賀・ザ・カントリークラブ
リゾートトラストレディス
 6月12〜15日 兵庫・六甲国際GC
We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメント
 6月20〜22日 茨城・美浦GC
ニチレイPGMレディス
 6月27〜29日 兵庫・マダムJGC
プロミスレディスゴルフトーナメント
 7月 4〜 6日 群馬・小幡郷GC
ベルーナレディースカップゴルフトーナメント
 7月11〜13日 北海道・札幌国際CC島松コース
明治チョコレートカップ
 7月18〜20日 静岡・東名CC
スタンレーレディスゴルフトーナメント
 7月24〜27日 千葉・習志野CCキング・クイーンコース
カゴメ フィランソロピーLPGAプレーヤーズチャンピオンシップ
 8月 8〜10日 北海道・苫小牧ゴルフリゾート72 エミナGC
アクサレディスゴルフトーナメント
 8月15〜17日 長野・軽井沢72ゴルフ北コース
NEC軽井沢72ゴルフトーナメント
 8月22〜24日 神奈川・大箱根CC
CAT Ladies
 8月29〜31日 新潟・ヨネックスCC
ヨネックスレディスゴルフトーナメント
 9月 5〜 7日 岐阜・みずなみCC
ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント
 9月11〜14日 石川・片山津GC白山コース
日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯
 9月19〜21日 愛知・南愛知CC
マンシングウェアレディース東海クラシック
 9月26〜28日 宮城・利府GC
ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント
10月 2〜 5日 新潟・紫雲GC加治川コース
日本女子オープンゴルフ選手権競技
10月10〜12日 群馬・赤城CC
SANKYOレディースオープン
10月17〜19日 千葉・東急セブンハンドレッドC
富士通レディース
10月24〜26日 兵庫・マスターズGC
マスターズGCレディース
10月31〜11月 2日 埼玉・武蔵丘GC
樋口久子IDC大塚家具レディス
11月 7〜 9日 三重・近鉄賢島CC
ミズノクラシック
11月14〜16日 千葉・グレートアイランドC
伊藤園レディスゴルフトーナメント
11月21〜23日 香川・エリエールGC
大王製紙エリエールレディスオープン
11月27〜30日 宮崎・宮崎CC
LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ
2008年の国内女子ツアースケジュール決定の続き
2007/12/04

今年のゴルフ界は石川遼の年だったが...

ハニカミ、2007年も締めくくりを迎える今日この頃、ハニカミ王子のキーワードは流行語大賞にも選ばれ、その石川遼アマはMIP賞及びゴルフ記者賞など、数多いるプロゴルファーを差し置いて受賞した

これほど注目を集めた石川遼アマだが、肝心のゴルフ界はどうだったろう?やはり今年も女子ゴルフ人気が顕著で、男子プロとの差は歴然 男女の賞金レースは終了し、なんとか谷口徹プロが上田桃子プロを上回ったが、おそらく全体を見れば女子プロの方が稼いでいるのでは?

今年のゴルフ界は石川遼の年だったが...の続き
2007/12/02

2007年度LPGAファイナルQT上位者決まる

2007年11月30日にLPGAのファイナルQTが終り、来年のツアーでシード権を持つ選手以外での優先出場順位が決定した 30位以内がほぼ全試合に出場可能のようで、実力ある有名選手などがQTまわりとなっていたが、藤井かすみ、大場美智恵、佐々木慶子らは何とか面目を保ったようだが、大塚有理子、天沼知恵子、川崎充津子といった銘柄級が来年は出場機会が大幅に減りそうだ

上位に入った選手の中では、辻村明須香の名前がある ビジュアル系で人気のある選手だけに来年のツアーを盛り上げる存在になりそうだ また期待の新人、若林舞衣子も何とかギリギリセーフ プロテストもギリギリだったが、潜在能力はかなりのもの 同期である服部真夕に実績で置いて行かれてしまったが、来年はどちらが先に初優勝をするか楽しみにしたい

2007年ファイナルQT上位30位までの選手へ
SEO対策:ゴルフ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。